リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年3月25日号 進化してこそ優勝! リーグ連覇と日本一 カープ 【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

リーグ連覇と日本一 CARP【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
春のイベント 3/26ゲームセミナー 【参加無料】 IT教育の総合学園 広島情報専門学校 北海道情報大学 広島教育センター
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 春休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

暮らしの気になる数字

消費税・アンケート結果 2014/1/7〜2014/1/16

 

増税は「賛成したくないがしかたない」61%

 4月から消費税が引き上げられることについて、「賛成はしたくないがしかたないと思う」人が最も多く、61%という結果になりました(左)。増税により、家計の支出に「あまり影響はない」と答えた人は6%にとどまり、程度の差はあるものの影響が出ると考えている人が9割を超えています。増税対策として、支出を減らすなら、「飲食費(外食)」と答えた人が最も多く、逆に「教育費(子どもの教育費・資格取得費)」が最も少なくなっています。
 

1. 4月からの8%への消費税増税に賛成ですか、反対ですか

 
1. 4月からの8%への消費税増税に賛成ですか、反対ですか
 
 
 
「積極的に賛成する」は3%、「反対する」は34%。多くの人は「賛成はしたくないがしかたないと思う」を選ぶ結果となりました。社会保障など山積している問題を考えると、現状では仕方ないと捉えている人が多いようです。
 
 

2. 消費税増税によって、家計の支出に影響があると思いますか

 
2. 消費税増税によって、家計の支出に影響があると思いますか
 
 
 
「あまり影響はない」と答えた人は6%にとどまり、9割を超える人が「かなり」あるいは「少しは」影響があると答える結果となりました。しかたないとは思う反面、現実問題、家計に響くので大変だと多くの人が考えているようです。
 
 

3. 「支出を減らしてお金を使わないようにする」という声が多く聞かれます。減らすとすれば、どの費用ですか(複数回答)

 
3. 「支出を減らしてお金を使わないようにする」という声が多く聞かれます。減らすとすれば、どの費用ですか(複数回答)
 
 
 
1位「飲食費(外食)」、2位「衣類・ファッション費」、3位「趣味・娯楽費」という結果となりました。一方、最も選んだ人が少なかったは「教育費」。どんなに大変でもこの費用は削らないようにしたいと思う人が多いことがうかがえます。
 
 

4. 減らす費用を具体的にお書きください

 
  
・服飾を買うのはかなり控えると思う。食や光熱費はすでに切り詰めているので、他のところで考えないと… 子どもが小さいが、少しでも働かないと。(女性・28歳)
・外食は月1回にします。衣類は古着も検討します。節電はだいぶ板についてきました。 さらに気をつけていきます。(女性・30歳)
・消去法で考えて、やっぱり削れるのは日々の食費が一番かなと思ったので(;´д`)(女性・30歳)
・外食は必要なときのみ、衣類も必要なときのみ。(女性・34歳)
・リサイクルショップ、古書店を活用してファッション費と教養費を削減したい。(女性・36歳)
・趣味はネット通販やオークションはあまり見ないようにしたい。欲しくなるから…。食費を減らすために、調味料の量を計るようにしたい。衣類は、今あるものを着るように、家にあるものを見直したい。修正して着るなど…。(女性・39歳)
・子どもが4月から小学校に通うようになるので、幼稚園のお月謝分を貯蓄にまわし、保険の見直しをしようと思います。(女性・40歳)
・今まで、週に1度は行っていたランチや、ディナーは、やめます。食費も削ります。 趣味の読書も、本は、図書館で借りたり、タクシーも滅多に使わなかったですが、ますます乗らないと思います。(女性・42歳)
・抑えたいけど無理かも・・・ やっぱ楽しみがないと。(女性・44歳)
・衣料品では、安いもの、また、少し高くても長持ちするものにするなど、よく考えて購入するようにする。趣味娯楽については、やりたいことをやってかえってストレスになりお金を使う事にならないようにする。(女性・46歳)
・できるだけ手作りしたり、お弁当を持っていく。万単位でお金が出ていくので外食も極力しない。酒は夫が自分の小遣いの中でやりくりする。(女性・46歳)
・計画的な外食以外の、夕食作りが面倒といった突発的な外食を控える。趣味娯楽費も嗜好費も同じく、計画性を高めることで、費用を抑える。(女性・47歳)
・保険を切り替える予定。(女性・47歳)
・一番削減するのは衣料品で次は交際費や趣味に使う費用になると思う。(女性・50歳)
・お酒などの嗜好品は、安いものだけにするかなと思う。(女性・53歳)
・単身赴任中のため、帰省回数を減らす事が一番です。飲食は、大幅に減らすことは出来ない。(男性・53歳)
・ケイタイはもとより、スマホの通信費はケイタイにしてネットは、会社やいまある家ですます。あとは、出来るだけ車の使用は控える。まあ、金持ちがどんどん使ってくれればいいので。(男性・58歳)
・食べることは大切なのであまり削りたくないけど、夫がどうしても酒類がやめられないので、とにかく安い酒を(ウイスキーや焼酎は割って飲むので日本酒より減りが遅いとか)。 後はテレビをつけっぱなしにしないとか明かりをこまめに消すとか。って、もうすでにどれもやっていることで、今更です。もううんざり。(女性・58歳)
・食品はサービスデ―にまとめ買いします。外食は年に3回以内。安い店へ。旅行はツアーだけに限定します。消費税が上がっても年金は上がらない。(男性・66歳)
・今も使っている方ではないので、物を増やさないようにしたい。服やバッグなど気に入ったものに出会ってもすぐ買わず、手持ちのものを思いおこして買うかどうか決めたい。(女性・67歳)
・贅沢を止めるが、生活に潤いは必要だし、人とのお付き合いも大事だから趣味やレジャーなどは切り詰めないで従来通り楽しむ。(女性・68歳)
・年金生活なので外で食べない。着る物は出来るだけ昔の物を着る。二、三か月に一度親元に帰っていたのを半年に一度にする。(男性・68歳)

 
 

5. 消費税増税前に、駆け込み購入を検討している、または購入した商品はありますか

 
 
5. 消費税増税前に、駆け込み購入を検討している、または購入した商品はありますか
 
 
 
 
「ある」を選んだ人は35%。次の設問で具体的な商品名を挙げていますが、家電製品が多く見られました。また既に購入した商品を挙げた人は少なく、3%にとどまりました。
 
 

6. 駆け込み購入を検討している・購入した商品は何ですか

 
 
  
・ママチャリ(女性・23歳)
・家族旅行です。(女性・30歳)
・子ども部屋のエアコン。(女性・30歳)
・コンタクトレンズの保存液、100均の商品(女性・31歳)
・服、家にいる雑貨類。腐らないシャンプー類など、結構買い始めています。(女性・33歳)
・車、家具、ミシン、楽器(女性・34歳)
・リフォーム(女性・34歳)
・洗剤、歯ブラシ、ティッシュなどの日用品。食材は新鮮なものがいいのでしない予定です。(女性・35歳)
・3月末までに引越する。(女性・36歳)
・オーブンレンジ、カメラ(女性・38歳)
・日持ちのする生活雑貨。いっぺんには買えないので、少しずつ買い足しています。(女性・38歳)
・見られないことはないけれど、液晶が割れて壊れているテレビ。(女性・39歳)
・冷蔵庫、ジュエリー(女性・39歳)
・家電製品、ほぼ10年選手なので…洗濯機に掃除機に冷蔵庫に電子レンジに炊飯ジャーにプリンター。ちなみに年末にビデオカメラと空気清浄機を買いました。(女性・40歳)
・家電、車庫(女性・46歳)
・レンジフード 畳替え(女性・50歳)
・どうしても使う消耗品は買っておきたい。(女性・52歳)
・FAX。ただ新製品が出るタイミングと重なりそうで迷っている。(女性・53歳)
・トイレのリフォームとソファの張替えを既に行った。(女性・54歳)
・畳の表替えだ。(男性・76歳)

 
 

7. 消費税率を上げなくてはいけない理由や、税率アップで集めたお金の使い方について、ご存知ですか

 
 
7. 消費税率を上げなくてはいけない理由やお金の使い方
 
 
 
 
「よく理解している」11%、「だいたい理解している」56%と約7割が理解している結果となりました。男女別に見ると、男性は97%が「よくまたはだいたい理解している」を選んだのに対し、女性では59%となっています。
 
 

8. 税率アップによる反動を軽減する措置がとられますが、このことをどのくらい理解していますか

 
 
8. 税率アップによる反動を軽減する措置がとられますが、このことをどのくらい理解していますか



程度の差はありますが、「理解している」「理解していない」が半々という結果になりました。消費税率アップの理由やお金の使い方について「よく理解している」人は、こちらも「理解している」人が多くなっています。
 
 

9. お店などで、「消費税はいただきません」「消費税は当店が負担します」「消費税率上昇分は値引きします」「消費税8%分還元セール」「消費税分をポイントサービスします」などのような宣伝や広告は禁止されます。この件について、あなたは知っていますか

 
 
 
9. お店などで、「消費税はいただきません」「消費税は当店が負担します」「消費税率上昇分は値引きします」「消費税8%分還元セール」「消費税分をポイントサービスします」などのような宣伝や広告は禁止されます。この件について、あなたは知っていますか



 
程度の差はありますが、約8割が「理解している」を選びました。男女別に見ると男性90%、女性73%。女性にとっては身近なこともあるのか、税率アップの理由や反動を軽減する措置よりもこれを理解している人が最も多い結果となっています。
 
 

10. 価格表示について、現在では認められていない「税抜き表示」が、税抜きを明示すれば認められます。例えば、本体価格1000円(税抜き1000円、税込み1080円)の品物を買う場合、どの表示があなたにとって良いですか(複数回答)

 
 
10. 価格表示について、現在では認められていない「税抜き表示」が、税抜きを明示すれば認められます。例えば、本体価格1000円(税抜き1000円、税込み1080円)の品物を買う場合、どの表示があなたにとって良いですか(複数回答)


「1080円(本体価格1000円+税80円)」が最も多く、次いで「1080円(税込み)」という結果となりました。本体価格よりも、その商品を購入したらいくら支払うのか明示されている方が消費者にとっては助かるようです。
 
 

11. 価格表示でその表示法を選んだ理由や価格表示で困ることは何ですか

 
●1000円(税抜き)
・税金が抜きか込みでの書き方をして欲しいです。(女性・40歳)
・今回は8%ですが、ゆくゆくは10%になり、更に上がっていくのではと思います。 そうなったとき、本体価格がはっきり分かる表示じゃないと、計算しにくいです。(女性・42歳)
・消費者としては税込み額がはっきりわかった方がよいから。(女性・68歳)
●本体価格1000円
・今後如何なる様に制度が変われども対応出来る。対応商品の実価格の把握が出来る。(女性・64歳)
●1000円+税
・本体だけだと、高いものを買うときなどの消費税の計算がめんどくさいので、上記がわかりやすくてよいと思いました。(女性・39歳)
・税込なのか、税抜きの表示なのかどちらかわからないのが一番困る。(女性・48歳)
・家計簿をつけているので、とにかく税額をはっきり表示して欲しい。コンビニやスーパーでたまに税額が表示されていないレシートがあって、その時は電卓で計算して税額を記入しています。面倒です。(女性・58歳)
・本体価格と消費税がわかったほうが良い。本体価格のみの表示だと割高に感じる。(男性・62歳)
●1080円※現行のように「総額表示」のみ
・やはり税込の価格表示がわかりやすくていいと思います。+税というのは値段が細かくなるといくらなのかはっきりとわからないから。(女性・28歳)
・出て行くお金は一緒なので、込の価格でいいと思う。(女性・48歳)
・計算がややこしくなり、小銭を多く持っていないと支払いが煩雑になる。(男性・66歳)
●1080円(税込み)
・自分がいくら払えばいいのかが知りたいので。本体価格だけだと、レジに行くまで正確な値段が分からないので絶対不便。(女性・33歳)
・はっきり、支払う値段を書いてくれていたほうが分かりやすいから。(女性・38歳)
・支払わなくてはならない総額が分かりやすいので。(女性・39歳)
・本体の価格がわかったほうが、商品の価値を確認できる。 しかし同時に実際支払う税込価格も知りたい。 税の部分がいくらなのか分からないのは購入の判断上困ります。 手に取って価格がわかりにくいと、購入を控えてしまいます。(女性・47歳)
●1080円(本体価格1000円+税80円)
・表示がバラバラだと合計金額が分かりにくい。(女性・46歳)
・最低でも「1080円(税込み)」のように、はっきり「税込み」の文字を入れて欲しい。一番良いのは、「1080円(本体価格1000円+税80円)」かな。(男性・53歳)
・8パーセントって、ややこしいんです。(女性・54歳)
●1080円(うち消費税80円)
・計算が苦手なので難しくなるのは嫌だ。(女性・29歳)
・消費者は、実際に支払う消費税込の金額を提示された方がわかりやすい。(女性・54歳)
・支払い額がわかったほうがよい。(男性・56歳)

 
 

12. さらに消費税が10%に増税されることには賛成ですか、反対ですか

 
12. さらに消費税が10%に増税されることには賛成ですか、反対ですか
 
消費税8%と同様、「賛成はしたくないがしかたないと思う」が最も多い結果となりました。が、家計の負担増や景気動向の不安などがあるのでしょうか、こちらでは「しかたない」の割合が下がり52%、「反対する」が増えて43%となっています。
 
 

13. このたびの消費税増税について、あなたのご意見をお書きください

 
 
・テレビを見ていない家庭からもNHKの受信料をとるというなら、職員の給料から下げろと言うのと同様に、まずは議員たちの給料を下げてから考えてみては? 天下りもしかり。無駄なところ、くだらないオブジェなどに税金をかけていることに対し、納得がいかない。(女性・26歳)
・一時的に、お金を支給するなどの措置は全く意味がない。そんなことで、税金をばらまかないでほしい。お金持ちの集まりである政治家は、上手にお金を使ってくれる人はいない。お給料もあがることはないとおもうし、生活は苦しくなる一方です。(女性・28歳)
・しかたないという意見です。(女性・29歳)
・高いと思う、8%…そして10%なんて…(;´д`) 私らの子どもの時代にはどうなっているのかと思うと不安でしょうがないです。(女性・30歳)
・段階的に、ってのが面倒。企業も対応を2度もしないといけないから大変でしょうね。 先日、個人経営のパン屋で買いものをしたら外税だった。 400円買ったと思ったら、420円だったのです。これって今は禁止ってこと?? そのお店、大丈夫ですかね。。(女性・36歳)
・一律の消費税でなく、品物によって税率を変えてほしい。どうしてもいる日用品や食料品の増税は、やめてほしい。(女性・38歳)
・高速料金を三月末付けで前のように戻してくれる事になっていましたが、それは決行してもらえるのか 早く知りたい。(女性・38歳)
・家計も赤字にならないよう努力しているので、国も増税すればいいという考え方ではなく、どこを削れるかをもっと考えて欲しい。(女性・41歳)
・自民党政権・安倍首相は、選挙公約を無視し、確実に、日本経済や、貧しい人の生活を更に脅かすことばかりをしていると思う。選挙前に、言ったことを、もういちど、マスコミが、テレビで放送しないのも、信じられない。消費増税は、IMFから指示されてやっていると思うが、日本経済は、世界でひとり勝ちしているために、日本の国力を落とすために、やってるとしか思えない。消費税を上げる前に、やるべきことは、たくさんあった。(女性・42歳)
・生活必需品は低減税率にしてほしいです。増税分は社会保障に使うと言われていますが違う支出に使われそうな気がします。もっと支出を削減できるよう努力してほしいです。(女性・42歳)
・いつか来る道と思っていましたので、仕方ないと思っています。ただ、働けるのに働かず、生活保護費や母子手当てを受給している人に関しては現物支給にするとか使えるところを制限するとかして欲しい。(女性・43歳)
・国の借金からすれば、仕方ない措置と思う。税金がどんどん上昇する傾向にあるが、ライフラインの要の電気料金は、国内産業や一般家庭のためにも原子力を大至急運転させて、電気料金を現行水準に維持すべき。そうすれば電気料金の上昇は抑制できるし、無駄な化石燃料の購入や二酸化炭素排出も抑制できる。。(男性・46歳)
・増税分は、できるだけ福祉関係に利用してもらい、拡大解釈が横行しないよう、特に軍事費などに利用されないよう願います。(女性・48歳)
・予算を根本的につくりなおしてほしい。(男性・48歳)
・消費税を上げるのを仕方ないと思うのは、社会保障をきちんとしてもらいたいからです。 将来の生活に不安があるから、お金を使わずに貯める傾向があると思うので、逆に社会保障が確立されていれば、将来に不安もなくなってもっと消費も伸びると思う。 政府は必ず、充実した社会保障を確立させてほしい。(女性・52歳)
・最初は、日本は震災続きで仕方ないと思っていましたが、東日本の復興予算の粗い手続きに不祥事続きで、もしかしたらぼったくられているみたいな気がして嫌気がしています。(女性・53歳)
・義務を履行していない者(例えば、国民年金を掛けずに生活保護を受ける者、生活保護を受けるために来日する中国人)に対する保護・支援政策が行き過ぎ。こういった費用を削減すれば、増税の必要性は感じない。また、税収が伸びた時に必要性の低い整備新幹線の設置等公共事業にバラまかず社会保障費に充てれば増税の必要性は感じない。(男性・57歳)
・未だかつて消費税が私たち(一般国民)のために使われたことが無いと思う。福祉や教育費は削られて無駄な公共事業や軍備増強・無駄な箱物に使われていると大いに感じる。「消費税を上げる前にやることがあるだろー」とみんなの党の渡辺さんが言ってたけど、いつのまにか言わなくなりましたね。 役人さん達は無駄遣いがやめられないから足りない分は私達が払うってことですかね。(女性・58歳)
・食料品等は軽減された税率を適用するということだが、商品によって税率を変える必要はない。(男性・60歳)
・税金の無駄使いが多いと思いますが、そこの議論が全然されていないのは、なぜでしょう?(男性・66歳)
・増税はやむないとしても、他の事が何も改善されない事に憤りを感じる。(男性・66歳)
・過去にも福祉に使うと言われていたのにうやむや。復興税は理由をこじつけて目的外に使われているし。増税でお金が集まったら各省取りあいで使われそう。有効に使って欲しい。(女性・67歳)
・誰しも消費税が上がらない方がよいに決まっている。でも、雇用や社会福祉、被災地復興、子育て支援、エネルギー問題等々、現在日本が乗り越えなければならない課題は山積している。 まったなしの状況。これを打破するには消費税増税しかない。 日々の生活に大きく影響を受ける低所得層には消費税分を還元する方法がよいと思う。(女性・68歳)
・国とか公共団体など、税金で運用されているものが、年間の税収の10倍を超える借金を作り、反省なくますます増やすことにためらわない感覚がわからない。(男性・76歳)

 
  
 
 
 
 
 

<調査概要>

<調査概要>
広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女110人回答
・内訳
男性 30人(27%)
女性 80人(73%)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt