リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年9月23日号 B1昇格へ再挑戦 広島ドラゴンフライズ プロバスケットボール「B.LEAGUE」
2017年9月23日号

B1昇格へ再挑戦 広島ドラゴンフライズ
2017年9月23日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地

ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載43】

神様だけが通るタイムトンネル 〜廿日市市宮島町〜

学習共同体河浜塾 河浜一也 

 
写真は本社本殿の裏手。木々が生い茂って、神聖な雰囲気です。付近に社務所や宝物収蔵庫があります

禁足の地

開けられることのない不明門(矢印)
 第38話で少し触れた不明門(あかずのもん)は、本社本殿の裏にあり、厳島神社のすべての建物の中でこれだけが瓦葺(かわらぶ)きで、他はすべて檜皮(ひわだ)葺です。
 現在、不明門の背後は禁足の地ですが、かつては本地堂または夏堂(げどう)と呼ばれたお堂がありました。その中に十一面観音菩薩像を安置していたので、観音堂とも呼ばれていました。
 
 
 
 
 ちょうど平清盛の時代から明治維新までは、仏が現世の人々を救うため神に姿を変えて地上に現れるという“神仏習合”が信じられ、神の元の姿の仏を本地仏と言いました。不明門はその仏が神の姿となって通る門であり、逆に、神が通って仏の姿に返る門でもありました。そのため、神以外は決して通ることができないため、“あかずの門”とされました。
 本地堂そのものは複雑で、優美な屋根を持った建物であったといわれていますが、1541年の土石流で倒壊してしまいました。清盛の時代に建てられた建物で倒壊の被害にあったのは、この本地堂だけです。
 

大聖院に本地仏

本地仏が安置されている大聖院の観音堂
 本地堂は、その後1581年に、毛利輝元によって再建されました。しかし、明治維新の廃仏棄釈(神仏分離)で取り壊され、平清盛が持ち込んだものと言われる本地仏の十一面観音菩薩像は、大聖院の観音堂に安置されて、現在に至っています。
観音堂は、大聖院で最も大きな建物で、名僧行基の作ともいわれるこの観音像のほか、チベット密教の僧によって制作された砂曼荼羅(すなまんだら)、弥山開創1200年記念事業の一環として、平成18年秋に作られた金色の弥勒菩薩も公開されています。(学習共同体河浜塾 河浜一也)
 
前の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 ふるさと歴史散歩 【連載42】仏像のオンパレード 本社を守った大願寺〜(リビングひろしま2012年10月27日号掲載)
次の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載44】 宮島で気になる4本の松
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2012年11月10日号掲載)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt