リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載37】左と右のけじめが厳しい舞楽〜廿日市市宮島町〜学習共同体河浜塾 河浜一也

ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載37】

左と右のけじめが厳しい舞楽 〜廿日市市宮島町〜

学習共同体河浜塾 河浜一也 

 
面をかぶっての舞楽・蘭陵王(写真提供/広島県) 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載37】左と右のけじめが厳しい舞楽 〜廿日市市宮島町〜(リビングひろしま2012年8月25日号掲載)
面をかぶっての舞楽・蘭陵王(写真提供/広島県)

面を着けた舞と、着けない舞

 平清盛が、厳島神社に根付かせた舞楽は、平安時代に都で繰り広げられた舞楽を厳島でも行ったもので、当時の皇族や官僚の参詣を舞楽で接待しました。
 1180年の高倉上皇の行幸の時には、2日目の夜に、夜通し舞楽を楽しんだことが記録されています。舞楽には、蘭陵王(らんりょうおう)や納曽利(なそり)などのように面をかぶって舞うものと、萬歳楽(まんざいらく)や延喜楽(えんぎらく)、狛鉾(こまぼこ)のように面を着けないものがあります。
 面を着けないものは、清盛のころには内侍が舞っていました。美しい女性の顔が分かるよう面を着けなかったのです。
 

左楽房と右楽房

清盛のころ、楽房はありませんでした。鎌倉時代の「一遍上人絵伝」には、回廊で演奏しているように描かれています。矢印の建物が左楽房です「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載37】左と右のけじめが厳しい舞楽 〜廿日市市宮島町〜(リビングひろしま2012年8月25日号掲載)
清盛のころ、楽房はありませんでした。鎌倉時代の「一遍上人絵伝」には、回廊で演奏しているように描かれています。矢印の建物が左楽房です
 平舞台の海側の両端に建てられた簡単な切妻の建物は、左楽房(さがくぼう)と右楽房(うがくぼう)と言い、舞楽の奏楽(演奏)を行うところです。古い時代には、仮の楽房が造られていましたが、現在の楽房は浜から立ち上げられ、常設されています。清盛のころには楽房はなく、回廊で演奏したと考えられます。
 舞楽には、唐やインドから伝わった左舞(さまい)と、満州や朝鮮半島から伝わった右舞(うまい)があります。大鳥居に向かって右が右楽房で、左側が左楽房です。右舞と左舞では、使う楽器や舞い手の装束に違いがあるため、右舞の時には右楽房の、左舞の時には左楽房の楽人が演奏します。
 楽人の数が足りない時は、必要な楽器の楽人が奏でる曲に合わせて、右舞ならば右楽房に移動し、左舞ならば左楽房に移動して演奏を行います。いちいち移動するのは大変ですね。また、舞い手も右舞と左舞にあわせてそれぞれの楽房に取り付けられた幕の端から登場します。これら舞楽は、発祥の地である中国などでは廃れてしまい、今では日本にだけ残る珍しいものです。
 
 

 

前の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載36】地面に見立てた平舞台 海上社殿ならでは (リビングひろしま2012年8月18日号掲載)
次の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載38】鶴が羽ばたくよう 美しさが際立つ本殿 (リビングひろしま2012年9月8日号掲載)
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2012年8月25日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt