リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
WEB特典あり 【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2020年1月7日号 新春号 ゴールドに輝く地域ブランド 135人にプレゼント
2020年1月
新春号

ゴールドに輝く地域ブランド 135人にプレゼント
2020年1月新春号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
1/25開催 【介護にかかる費用】無料セミナー 個別相談会も後日開催(要予約)1月25日(土)に、「介護・認知症にいくらかかる?」(企画/広島リビング新聞社、協賛/SOMPOひまわり生命保険)を開催。先着順で、各回25人を招待します
【かかりつけ医を見つけよう】 広島の病院とお医者探しは ファミリードクター 広島の頼れる病院・クリニック、ドクターを探すならファミリードクター★コラムも多数掲載中
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載18】清盛を財政でサポート 頼れる男・佐伯景弘 〜佐伯区利松 〜学習共同体河浜塾 河浜一也

ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載18】

清盛を財政でサポート 頼れる男・佐伯景弘 〜佐伯区利松 〜

学習共同体河浜塾 河浜一也 

 
正覚寺(広島市佐伯区利松1-6-9)と古代山陽道(影面の道)。郡橋〜正覚寺〜消防署八幡出張所〜利松集会所と続く県道290号は、古代山陽道とも一致します 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載18】・清盛を財政でサポート 頼れる男・佐伯景弘 〜佐伯区利松 〜(リビングひろしま2012年2月4日号掲載)
正覚寺(広島市佐伯区利松1-6-9)と古代山陽道(影面の道)。郡橋〜正覚寺〜消防署八幡出張所〜利松集会所と続く県道290号は、古代山陽道とも一致します
 
平安時代、佐伯氏の勢力下にあった佐伯区とその周辺地域。平清盛が厳島神社への信仰を深めるその陰には、佐伯景弘の存在があります。今号から河浜一也さんに、清盛や平氏ゆかりのことについて執筆いただきます。

 

神主で郡司のスーパー役人・景弘

佐伯景弘は、平安末期の厳島神社の神主であり、佐伯郡の郡司でもあった人物です。平清盛と親交を深め、荘園を平家に寄進して、清盛を財政面でサポート。また、厳島神社の修復を勧めて、現在の国宝社殿を建立させ、平家納経の実現を促したともされています。
 もともと佐伯氏は、東北の南部で活躍する一族とされ、神話に登場する日本武尊に取り立てられて、大和政権の氏族になったと伝えられています。後に官吏(かんり/国の役人)として、広島、香川、大分などに配属されました。あの弘法大師は、香川の佐伯氏の出身と伝えられています。景弘の時代になると、彼を頼って各地の佐伯氏の一部が、広島へ移り住んだといわれています。
 

橋名に残る役所跡

八幡川に架かる郡橋(八幡3丁目と利松1丁目)。橋名に郡家の名残をとどめます。背後に山陽新幹線の高架が見えます 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載18】・清盛を財政でサポート 頼れる男・佐伯景弘 〜佐伯区利松〜(リビングひろしま2012年2月4日号掲載)
八幡川に架かる郡橋(八幡3丁目と利松1丁目)。橋名に郡家の名残をとどめます。背後に山陽新幹線の高架が見えます
当時、景弘が政務を行っていた郡の役所・郡家(ぐんけ)が、佐伯区八幡地区利松にあり、八幡川にかかる郡橋(こおりばし)の橋名に名残をとどめます。その橋の東側にある正覚寺から利松集会所までの辺りに、どうやら郡の役所があったのではないかと思われます。さらに古地図を見ると、“郡(こおり)"の地名もうかがえます。また、郷土歴史家の佐々木卓也さんの著書には、この地に条里制の遺構の存在を指摘。古代の大町郷や大町駅はこの辺りにあったと考えられます。  奈良時代に、京と九州を結ぶ道として整備されたのが山陽道。別名を古道、または影面の道(かげとものみち)と呼ばれ、当時、太田川のデルタを形成していなかった広島の北部を通過。今の安佐南区のアストラムラインに沿って、広島修道大学前から佐伯区石内地区を通り、山沿いを南下して、郡橋の東に至ります。  ここから南東方面に見える鈴が峰は、富士山の形に見えることから、地元では、“八幡富士"という異名で親しまれています。万葉集には、「佐伯山」という名で登場しています。  
 
前の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載18】・清盛を財政でサポート 頼れる男・佐伯景弘 〜佐伯区利松〜
次の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載18】・清盛を財政でサポート 頼れる男・佐伯景弘 〜佐伯区利松〜
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2012年2月4日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt