リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年3月25日号 進化してこそ優勝! リーグ連覇と日本一 カープ 【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

リーグ連覇と日本一 CARP【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
春のイベント 3/26ゲームセミナー 【参加無料】 IT教育の総合学園 広島情報専門学校 北海道情報大学 広島教育センター
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 春休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載20】塩屋神社の境内 平家の子孫を祀る 〜佐伯区海老山町〜学習共同体河浜塾 河浜一也

ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載20】

塩屋神社の境内 平家の子孫を祀る 〜佐伯区海老山町〜

学習共同体河浜塾 河浜一也 

 
海老山の西側にある塩屋神社(広島市佐伯区海老山町8-12、写真下)。旧暦の6月17日に厳島神社で毎年行われる管弦祭では、かつて、祭りの前夜に五日市漁港へ集結したのち、宮島(写真中央の島)へと向かっていました 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載20】・塩屋神社の境内 平家の子孫を祀る 〜佐伯区海老山町〜(リビングひろしま2012年2月18日号掲載)
海老山の西側にある塩屋神社(広島市佐伯区海老山町8-12、写真下)。旧暦の6月17日に厳島神社で毎年行われる管弦祭では、かつて、祭りの前夜に五日市漁港へ集結したのち、宮島(写真中央の島)へと向かっていました

 

五日市漁港フィッシャリーナ近くにある塩屋神社は、今は埋め立てにより海岸線が遠のいていますが、かつては海に面し、厳島神社のように鳥居が海中にありました。海上交通の安全と豊漁の神として信仰を集め、夏祭りでは、佐伯区で唯一の島・津久根島を御座船で回る神事を行います。日暮れごろ、獅子舞、楽人、巫女(みこ)、浴衣乙女などが行列となって港まで歩き、神社の池と港では、灯籠流しが始まります。昔は管弦祭の夜に、宮島に向かって子どもたちがたいまつを振るという、火振(ひぶ)り祭も行われていました。
 境内の一角には、湯蓋道空(ゆぶたどうくう)社という社(やしろ)があり、以前は塩屋神社と回廊でつながっていました。今は、建て直しの準備のため、取り除かれています。ここに祀(まつ)られている湯蓋道空とは、平清盛の四男である知盛(とももり)の子孫と伝えられています。

清盛最愛の息子・知盛

塩屋神社。以前は、社殿の左側に湯蓋道空社がありました。道空の息子が関係する“あまんじゃく伝説”は次回で紹介 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載20】・塩屋神社の境内 平家の子孫を祀る 〜佐伯区海老山町〜(リビングひろしま2012年2月18日号掲載)
塩屋神社。以前は、社殿の左側に湯蓋道空社がありました。道空の息子が関係する“あまんじゃく伝説”は次回で紹介
平知盛は、九条兼実の日記「玉葉」に、「入道相国(清盛)最愛の息子」と記された人物です。清盛の死後、後を継いだ兄・宗盛が、戦の経験が乏しいことから、事実上の軍事総指揮官として兄を助けました。源頼政の乱や、木曽義仲との“水島の戦い"では、散々に相手方を撃破した勇将です。  源義経の“ひよどり越え"で有名な一の谷の合戦では、平家が総崩れする中、知盛の息子・智章が、父を助けようと戦場に踏みとどまり命を落とすと、知盛は大泣きしたと平家物語では書かれています。その後安芸国では、あちらこちらで源範頼軍と一進一退の戦いを繰り広げました。  壇ノ浦の戦いでは、「もう見るべきものはすべて見た」と、碇(いかり)を体に巻きつけて入水。いわゆる「碇知盛」です。(本連載第16話を参照)  壇ノ浦の戦いの前、この塩屋神社の沖を白旗をたなびかせた船団が通過します。彼らは塩屋神社を見つけると、沖から戦勝祈願をしたと伝えられています。これこそが、あの源義経の軍船に違いありません。時代が下り、同じこの地に平知盛の子孫である湯蓋道空を祀る神社があるということは、時のいたずらとしか言いようがありません。  
 
前の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載20】・塩屋神社の境内 平家の子孫を祀る 〜佐伯区海老山町〜
次の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載20】・塩屋神社の境内 平家の子孫を祀る 〜佐伯区海老山町〜
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2012年2月18日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt