リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
WEB特典あり 【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年10月11日号 紅葉・秋のお出掛け情報 【紅葉の名所10選】
2019年10月11日号

紅葉の名所10選★紅葉・秋のお出掛け情報
2019年10月11日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
11/10★「鉄道・農業」お仕事体験の旅★10月23日に全線開通する芸備線車両を貸切、車掌体験や農業祭・小松菜の収穫体験などイベント盛りだくさん。家族や友だちと一緒に楽しい時間を過ごしませんか
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪秋のボディー改造プロジェクト★今年こそシェイプアップしたい皆さん、リビングカルチャー倶楽部の好評企画「秋のボディー改造プロジェクト」がお勧めです ★カルチャー倶楽部NEWS
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪ リビングペーパードライバー教室 リビングカルチャー倶楽部では、好評の「ペーパードライバー教室」をこの秋も開講します★高陽自動車学校★広島モータースクール★ロイヤルドライビングスクール★
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載22】清盛の海へのロマン そのシンボルが大鳥居 〜廿日市市宮島町〜学習共同体河浜塾 河浜一也

ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地 【連載22】

清盛の海へのロマン そのシンボルが大鳥居 〜廿日市市宮島町〜

学習共同体河浜塾 河浜一也 

 
社殿の前に広がる御笠浜。この周辺には、108基の石灯籠が並んでいます 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載22】・清盛の海へのロマン そのシンボルが大鳥居 〜廿日市市宮島町〜(リビングひろしま2012年3月3日号掲載)
社殿の前に広がる御笠浜。この周辺には、108基の石灯籠が並んでいます

 

平安の世も波静かだった宮島の海。滑るように海面を行く船を眺めながら、平清盛は何を考えたのでしょうか。父・忠盛のころには、宋との貿易を手掛け、すでに巨額の富を手にしていました。清盛は、海にロマンを感じていたに違いありません。そのロマンのシンボルこそが、厳島神社の朱の大鳥居です。

大鳥居のメカニズム

奈良の大仏とほぼ同じ高さの大鳥居。屋根の東側には太陽が、西側には月が掲げられています 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載22】・清盛の海へのロマン そのシンボルが大鳥居 〜廿日市市宮島町〜(リビングひろしま2012年3月3日号掲載)
奈良の大仏とほぼ同じ高さの大鳥居。屋根の東側には太陽が、西側には月が掲げられています
1168年、厳島神社が清盛によって造営されたとき、大鳥居も建てた記録があります。これを初代と考えると、現在の大鳥居は8代目。明治8年(1875年)に建てられました。  60tを超えるといわれる大鳥居は、根元を土中に埋めることなく、浜に敷石を敷き、その上に置かれ自重で立っています。荒れた日でも、凪(なぎ)の日でも、黙って海水に洗われ続ける大鳥居。薄く山ぎわに紫たなびく朝、オレンジに染まる夕べ、800年という歳月を越え、社殿を沖から見守り続けています。  高さ16mの大鳥居を見上げると、圧倒的な大きさや、朱塗りの天然木の質感に感動します。奈良の大仏と同じ高さで、横幅は24mにもおよび、木造の鳥居としては日本最大。国の重要文化財に指定されています。  鳥居の上部、島木の部分は箱状になっていて、お経が書き込まれた経石がたくさん詰め込まれ、重石の役目をしています。屋根の東側の端は、金色の円で表した太陽のマークが、一方、西側には三日月の形をした月のマークがあり、平安時代の陰陽道の名残りといわれています。  主柱は巨大な楠(くすのき)が、そして袖柱(そでばしら)は杉が使われています。袖柱が付いた両部鳥居(四脚鳥居)が建てられるようになったのは1546年建立の4代目から。清盛が建てた初代の鳥居に、袖柱はありませんでした。  大鳥居を陸上から最も近くで見ることができるのが御笠浜。盆踊りや鎮火祭は、ここで行われます。  はるか800年の時のかなた、厳島神社を訪れた清盛一行も、平安の雅(みやび)を身にまとい、そよぐ海風に衣をはためかせて、この地から大鳥居を眺めていたことでしょう。  
 
前の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載22】・清盛の海へのロマン そのシンボルが大鳥居 〜廿日市市宮島町〜
次の記事へ 「ふるさと歴史散歩」平清盛ゆかりの地 【連載22】・清盛の海へのロマン そのシンボルが大鳥居 〜廿日市市宮島町〜
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2012年3月3日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt